富山のあんしん家づくり
リフォームのことなら

容赦なく照りつけるキビシイ真夏の太陽熱を跳ね返し、冬の暖房熱は逃がさない。
より快適な室内空間を実現しつつ空調費を抑えて節約&省エネ!
簡便な処置で、これらを全部叶える方法があります。

NASA開発のセラミック遮熱・断熱塗料「クールサーム」

  1. NASAの技術NASAの技術

    「クールサーム」は、NASAのスペースシャトルに使用するセラミック開発から生まれた遮熱・断熱塗料です。1300℃のバーナーで焙っても熱を伝えない、4種類の特殊なセラミック微粒子を使用しています。

    NASAの技術
  2. 表面温度の低下効果による省エネ効果表面温度の低下効果による省エネ効果

    屋根に「クールサーム」を普通に塗装するだけで、室温が下がります。・屋根表面温度:20℃~30℃低下 ・室内温度:平均6℃~7℃低下 (最大で12℃ほど低下した事例もあります)

    表面温度の低下効果による省エネ効果

    特殊なカメラで温度差を見てみると、塗装部と無塗装部の温度差は一目瞭然ですね。 屋根からの侵入熱を大幅にカットするから、夏場の室内の温度上昇を抑えます。 クーラーの熱交換率が良くなって、電気代の節約にもつながります。

    表面温度の低下効果による省エネ効果
  3. 効果の維持力効果の維持力

    一般的な遮熱塗料の場合「2~3年経過すると効果がなくなった」というお声を多く耳にしますが、「クールサーム」の場合は10数年経過しても効果は変わりません。「クールサーム」は、200μ程度の薄い塗膜の中にぎっしりと詰まった4種類の特殊セラミック層が反射と放射の働きをして、断熱・遮熱力を発揮しています。 表面が多少汚れて反射力が落ちても、熱放射をするセラミックの効果で侵入熱を放散するため、塗装後10数年が経過しても遮熱効果を維持し続けます。

    効果の維持力
  4. 施工は経験豊富なスペシャリスト施工は経験豊富なスペシャリスト

    一般的な遮熱塗料の場合「2~3年経過すると効果がなくなった」というお声を多く耳にしますが、「クールサーム」の場合は10数年経過しても効果は変わりません。「クールサーム」は、200μ程度の薄い塗膜の中にぎっしりと詰まった4種類の特殊セラミック層が反射と放射の働きをして、断熱・遮熱力を発揮しています。 表面が多少汚れて反射力が落ちても、熱放射をするセラミックの効果で侵入熱を放散するため、塗装後 10数年が経過しても遮熱効果を維持し続けます。

    施工は経験豊富なスペシャリスト

窓ガラスの省エネ・断熱対策

通常、夏場の太陽熱の約7割が窓から室内に侵入し、冬の暖房熱の約5割は窓から逃げてしまうそうです。窓ガラスの省エネ・断熱・対策商品としては、「断熱ガラス」への交換や、「二重サッシ」を後付けする等ございますが、いずれも大掛かりな改修工事が伴いますので、普及が遅れていました。「ガラスコーティング」ならば、「遮熱フィルム」貼りと同様に、既存窓ガラスに 現場にて、後から施工が可能です。

窓ガラスにコーティングを施すと、夏は暑い太陽熱の40%近くをコーティングした面で一旦吸収して、その内30%近くを再放射してくれます。西日や太陽の日差しがきつい南窓などでは、直射熱を5~8度近く遮熱してくれます。その結果、室内全体では2~3℃下がるそうです。(目論見値による)UVカット率は平均、95%以上ございます。(最大で99%除去できたデータが、あるそうです)有害な紫外線による、壁や床、店内の商品や装飾品の色あせを防止できて、おうちの畳や、カーテンや、家具の日焼けや変色も防止できて、シミ、ソバカスの原因であるUVを、ほぼ透明なのに、殆どカットしてしまいます。また、夏の夜、虫が紫外線を目当てに集まる現象も少なくなります。 夏の西日対策・紫外線対策・冬の結露対策 に最適でしょう。無色・透明タイプがよくでます。耐久性は遮熱フィルムの2倍以上といわれ、価格はフィルム並みの低価格で導入していただけます。

施工事例

こだわりを持って探し出し、たどり着いたこの商品。自信があります!だから、僕がお薦めするんです!